掲示板
メルマガ登録
  メールアドレス
proweed byメール配信CGI acmailer

トイレのトラブルQ&A
トイレのトラブルQ&A(目次) > トイレのトラブルQ&A(回答)

Q: トイレが臭くてしかたありません。原因はなんでしょう?

A: ニオイの原因は、次の4つに大きく分かれます。

イメージ

●トラップの不具合による排水管からのニオイ

トラップとは床の排水口、小便器、手洗い器などについて いる臭気止めの機構のことです。
ニオイの一番の原因はトラップに不具合があるために臭気止めの機能がうまく働かず、排水管のニオイが室内に逆流してきてしまうケースです。
トラップが悪臭の原因となっている場合は、いくら掃除をしても解決しないことになります。

●床にこぼれた尿からのニオイ

小便器まわりや和式便器のまわりにこぼれた尿からアンモニアが発生してニオイの原因となっているケースです。
日常の清掃でこぼれた尿を除去できれば、ニオイも消えます。
ただし尿がタイルメジに染込んで尿石化している場合は、強力な薬剤を使わないと除去が難しいです。

●小便器の内側に付いた汚れからのニオイ

小便器の内側に尿石が大量に付着しているとニオイの原因になります。
尿石が大量に付着する理由には、洗浄方式や便器の形状などにも問題があります。
新しい便器では、便器内の隅々まで洗浄水が行き渡るように洗浄方式や便器の形状が設計されていますが、古いものは便器の形に凹凸があって尿石が付着しやすくなっているのです。また洗浄方式はタイマー式のものはやはり尿石が付きやすくなります。

古い便器と新しい便器

古い便器

最近の便器

●掃除道具からのニオイ

掃除道具の手入れや整理整頓が悪いとニオイの原因になっていることもあります。
雑巾やモップの房を湿ったまま保管していると、すぐに雑菌が繁殖して悪臭の原因になります。
使わなくなった道具や雑巾は処分して、道具類は吊るしたり掛けたりしましょう。

トラップのトラブル

Q: トラップの不具合はどのようにチェックしたらよいですか?

A: 各場所(床・小便器・手洗い器)のトラップごとに説明しましょう!

床の排水口トラップ

●床の排水口トラップ

床の排水口は目皿を取ると中に釣鐘状のわんが入っています。 それを持ち上げると排水管の口がみえます。次の項目にひとつでも当てはまる場合は、ニオイが発生しているはずです。

トラップの中のゴミ、髪の毛、泥を除去し、常に水(封水)が貯まっている状態にします。
暑い時期は水が蒸発してしまうこともありますので、コップなどで水を足すようにします。
トラップカバーが無くなっている場合は、サイズがあったものを購入しましょう。

●小便器のトラップ

小便器の種類によってトラップの付き方も違っていて、主に次の2種類があります。

.1. 着脱式トラップタイプ(陶器や樹脂のトラップカバーがついているもの

着脱式トラップタイプ

2.  トラップ内蔵タイプ(丸い目皿がついていているもの)

トラップ内蔵タイプ

次の項目にひとつでも当てはまる場合は、ニオイが発生しているはずです。

トラップカバーが無くなっていたり、破損している場合は正しい品番の新しい物を購入します。
トラップ内蔵タイプの小便器は、詰まって汚水が便器内に溜まることがあります。その場合、排水管の詰まりを解消する必要があります。

手洗い器のトラップ

●手洗い器のトラップ

手洗い器の排水管はS字型やP字型に曲がっています。その曲がった部分には常に水が入っていて、排水管からのニオイが逆流するのを防いでいます。次の項目にひとつでも当てはまる場合は、ニオイが発生しているはずです。

トラップ管に雑巾などを掛けていると、腐食の原因になります。腐食している場合は、新しく交換します。継ぎ目に隙間がある場合は、テープやコーキングで塞ぎます。
それでニオイは止まります。

Q: 床の排水口に水を入れても、すぐに無くなってしまい、悪臭がいつも発生しています。

床の排水口

A: 排水口に水を入れて、直ちに水が無くなってしまう場合は、トラップを構成するモルタルに亀裂があったり、立ち上がっている排水管が欠けているなどして、水が漏れていることが考えられます。この場合は補修が必要になります。

排水口に水を入れて、しばらくして水が排水してしまう場合は、髪の毛などのゴミが溜まっているために、サイホン作用が起こり、トラップ内の水が排水してしまうことが考えられます。この場合は、掃除することで解消できます。

また、トラップの構造が浅すぎる場合は、水がすぐになくなってしまうことがあります。暑い季節は特にすぐに水が蒸発してしまいます。

小便器のトラブル

Q:とても古い小便器をつかっています。掃除をしていても、ニオイが出るのはどうしてですか?

A: 小便器の型番が古いものは便器の構造上悪臭が発生しやすくなっているものがあります。
水洗いしたわけでもないのに、便器の周りが常に濡れている場合、便器から汚水がもれていることが疑われます。汚水が漏れているのですから、常に悪臭が発生するわけです。
このトラブルを解消するためには、便器と床の接点をコーキング材で塞ぐ方法がありますが、根本的な解消方法は便器を取り外して、便器と排水管のジョイントをやり直す方法です。
また、古い小便器は、目皿についているトラップカバーが腐食して無くなっている場合があります。これも悪臭発生の原因です。目皿とトラップカバーの部品を新しく取り替えることをお勧めします。

古い小便器の例

古い便器の例

目皿とトラップカバーの部品

目皿とトラップカバーの部品

Q: 小便器に尿石が付きやすいのですが、なぜですか?

A: 考えられる理由としては次のことが考えられます。

  1. 1. 洗浄方式がタイマー式で、使用後すぐに水が流れない場合。
  2. 2. 洗浄方式が手動式で、使用者があまりボタンを押さない場合。
  3. 3. 洗浄水量を絞りすぎている場合。
  4. 4. 洗浄水が出る穴が詰まっていて、均等に洗浄水が流れない場合。

尿石が付かないようにするには、使用後すぐに適正な量の水が流れるようにすることです。
後付けのセンサーを取り付けるのも方法のひとつです。

Q:小便器の流し忘れが多くて、悪臭が発生しています。後付の自動センサーでよいものはありませんか?

A: 後付のセンサーは乾電池を使用するものが多く、電気工事も水道工事も必要ありません。簡単に取り替えられるものが数々出ています。

ピピセンサV

ピピセンサV
株式会社アメニティ

 

大便器のトラブル

Q: 和式便器がよく詰まるのですが、なにか対策はないですか?

C-852(INAX)

 

A: 和式便器が詰まると重症の場合は、便器を交換しなくてはなりません。掃除口が付いている和式便器があります。掃除口つきの便器ならだいたいのつまりは解消できそうです。また、掃除口付の便器は便器が長く、便器後方部の汚れも低減します。

Q: 和式便器のフラッシュバルブがよく漏水します。なにか対策はないですか?

A: 和式便器のフラッシュバルブは、足で踏んで操作する使用者が多いと思われます。
そのためにフラッシュバルブが本体ごと曲がってしまったり、バルブのハンドル部が破損してしまうことがよくあります。
部品の交換で解消できる場合もありますが、また足で操作すれば堂々巡りになってしまいます。
根本的な対策ではありませんが、ハンドル式ではなくボタン式に変えることで少しは故障しにくくなるようです。
大規模改修などで便器を取り替える場合は和式便器の洗浄操作部は壁面にボタンを設置する方法が理想的です。

手洗い場のトラブル

Q: 手洗いカウンターの上がすぐに水でびしょぬれになってしまいます。何かいい方法はありませんか?

セルローススポンジクロス

セルローススポンジクロス

A: せっかくきれいなカウンター式の洗面台にリニューアルしても、いつも水浸し では使いづらいですね。デパートのようにお掃除を数時間おきに行うところは良い のですが、学校では使う人がマナーを守るしかありませんね。 拭くものを常備して、濡れたらすぐに拭き取るようにルールをつくりましょう。 そのとき普通のタオルだと、すぐに臭くなったりしますので、スポンジタオルの ようなものを準備できると良いでしょう。吸水性があって、絞ればすぐに乾きます。

根本的に水濡れを解消するには、器具選びのときから考えておく必要があります。 水栓金具がカウンターの上に付くタイプ(写真左)ではなく、陶器の上に付いて いるもの(写真右)などが水仕舞いが良く、お勧めです。

手洗いカウンター
AM-91(自己発電タイプ)
 

Q:子どもたちが水を出しっ放しにして困ります。後付の自動水栓でよいものはありませんか?

A: 後付のセンサーには乾電池を使用するものや、電源不要の自己発電タイプのものもあります。電気工事も水道工事も必要ない、簡単に取り替えられるものが数々出ています。

せせらぎ(乾電池タイプ)

せせらぎ(乾電池タイプ)
株式会社アメニティ

AM-91(自己発電タイプ)

自己発電タイプ

床のトラブル

Q: 床材が長尺シートなのですが、和式便器や小便器のまわりが汚れて取れません。

長尺シートの汚れ

A: 長尺シートの場合は初期設定でワックスを塗っておくことが必要です。
ワックスを塗らないまま使用して、汚れが付着してしまうと汚れを除去できなくなる場合があります(実はこういうケースはとても多いのです)。
長尺シートはそもそもワックスの「塗布」と「はく離」を繰り返しながら、維持してゆく材質です。ですから最初に塗布した後も定期的に塗布とはく離を行わなくてはなりません。
ワックスもいろんな種類がありますので、メーカーや業者さんに相談してみましょう。

Q:今度のトイレは乾式の床になったのですが、やっぱり水を流して掃除ができるほうが便利な気がします。

A: 床材を長尺シートなどの乾式に変更したところで、「やはり水洗いもしたい」という意見が出ているところもあるようです。特に和式便器を残したまま乾式床に変更したところで多いようです。
和式便器や小便器は尿が便器の周囲にこぼれやすく、拭き掃除だけでは対応が難しいからでしょう。
乾式の床では水を撒いて掃除するというわけにはいきませんが、汚れがひどい部分は洗剤を散布してブラッシングして、拭き取るというような作業は必要になってきます。
また、尿のこぼれているところと、こぼれていないところを同じモップや雑巾で拭いてしまうと汚れをトイレ全体に広げてしまうことになりますので、汚れているところだけを先に拭き取って、いったんモップや雑巾を洗ってから全体を拭くようにします。

アクリル樹脂の塗り床材(MMA)

写真提供:(株)システムリバース

また、最近では乾式の床材に「塗り床材」を採用するところが出てきました。たとえばアクリル樹脂の塗り床材(MMA)です。塗り床材の長所はメジが無いことです。そして防水性があるので、水洗い清掃にも対応できます。
これから改修を考えているところは、乾式・水洗いの両方に対応できる床材を検討してみるのも良いと思います。